第41代会長 牧野昌敏

令和3年(2021)スローガン

 

CHANGE ~そして未来へ~

 

 

 宇都宮青友クラブ46周年を迎えます。

 私は今年で在籍11年目になります。

35周年事業の年に入会、40周年には副会長として周年事業に係わり、45周年事業は残念ながら中止となりましたが副会長として関わらせて頂きました。

 

 

 昨年「令和2年」は、新型コロナウィルスの世界的感染拡大という緊急事態宣言の発令、東京五輪の延期、それに伴い経済活動の自粛、そして経済の減衰。日本人が経験した過去の感染拡大は1918年11月に流行したスペイン風邪です。もう100年以上も前の出来事でだれもが未曾有の事態なのです。

 

  新型コロナウィルスの影響で働き方や学び方に大きな変革が起きています。突然の変化に戸惑い、課題が噴出している企業や個人、しかし、変革はいずれ常識となります。利点に着目して前向きにとらえましょう。

 我々、宇都宮青友クラブは異業種40数社から集まる団体です。一社たりとも、相当の努力をして今に至った事と思います。企業が存続していく上で営業力は不可欠です。会員一人一人の成功理論が有るはずです。

 私は、ここで1度原点に振り返り成功理論を精査し、コロナ禍による日常、働き方、学び方を勉強する1年にしたいです。

 それが変革!「CHANGE」です。

 

 とは言え、堅苦しい内容ですが可笑しく楽しく活動していく所存です。コロナ禍で今後の活動が見えない現在ですが、会員皆様の健康が1番です。今年1年、一生懸命頑張りますので宜しくお願い致します。

 

 

 

                            41代会長 牧野 昌敏