2017年 会長運営方針と活動目標

会長運営方針

 

1.変化

 環境や時代は容赦なく変化し、昨今その速度が早一くなっています。

 環境の「風」を感じることが今の経営者にとっての、必要な要素に

 なっています。

 

2.改革

 守るものと変えるもの、それを選び磨いていくことが経営や運営の

 根幹です。

 それを人は「改善」と呼んでいます。

 

3.会員増強

 会社も組織の基本は「人」、,

 会員の減っていく組織の未来は自ずと決まってしまいます。

 そうならないために、これからの会員増強が不可欠ではないでしょう 

 か。

 

活動目標

 

企画委員会

  全員参加の例会が理想です。

 例会毎に「何か新しい発見や気付き」があるよう、時事に沿った講義や講演、講
 師の招へい等を検討す
る。

 会員の発言機会を増やし、全員参加のできる例会を作っていく。

 

・例会委員会

  会場準備:事務局との連携を取り、スムーズな会場の設置を進める。

   会員連絡:昨年に続き、サイボウズを最大限利用して連絡網の整備を進めていく
 司  会:飽きのこない楽し司会を。

 

親睦委員会

   3レクレーション(花見・納涼・忘年会)は家族と共に気軽な参加型のイベント実
 施。
  親睦こそがこの会の目的、ゴルフに酒飲み、その他いろいろ、レクリエーション
 を積極的に
推進する。

 旅行は現在企画中。

 アフター青友は、マンネリを防止しながら、お店の新規開拓も進めていく。

 

 ・広報委員会

  年間1回程度の「青友だより」の発行。

 サイボウズでの情報公開を進めることで、身近な会員情報の密度をアップする。

 ホームページの有効利用。

 

・組織委員会

   会員増強:今年の最大目標。

      増強に向けた新たな仕組み作り。

  出席率の向上:例会出席70%を目指す。